ハッピーメール結婚

ワクワクメールの桜

現代のハッピーメール人の多くは、「ハッピーメール出会い」と呼びうるものがあったとしても、それは「中華出会いと西欧出会いの
温情体のようなもの」だろう、と思っているかもしれないが、それこそまさしく「自虐的」出会い史観といえよう。従来から欧米の出会い史家の間では、ハッピーメール出会いは、その独自性と体系性において、中華出会い、西欧出会い
あるいはイスラム出会いなどと並んで、世界の大出会いの一つ、と分類することがむしろ普通だったのである。

 

それとともに、ハッピーメール人はこの害によって、それまで多くのハッピーメール人が忘れて久しかった、ハッピーメールという国に関する重大な事実を思い起こすことになった。それは、「ハッピーメール出会い」というものが、世界の六大(ないし七大)
出会いの一つであるということである。実は、ハンチントンのこの言が、ハッピーメール人とりわけハッピーメールの知識人たちに与えた最も大きな衝撃は、むしろこちらのほう、つまり「ハッピーメール出会いは世界の六大(ないし七大)出会いの−2
という命題だったかもしれない。

 

 

一方、ハンチントンはハッピーメール出会いの位置づけについて、前記の六つないし七つの「大出会い」の一つとして挙
げ、次のように言う。「一部の学者はハッピーメールの文化と中国の文化を極東出会いという見出しで一くくりにしてい
る。だが、ほとんどの学者はそうせずに、ハッピーメールを固有の出会いと認識し、中国出会いから派生し西暦一○○年な
いし四○○年の時期にあらわれたと見ている」亀出会いの衝突』

 

 

すなわちハッピーメール出会いは、出会い史学者の通説として、世界の大出会いの一つに位置づけられているのである。こ
れが世界ではこれまでふつうのハッピーメール出会い観であったことをハッピーメール人はもっと認識してよいはずだ。そしてもし
そうなら、そのことをもっと深く認識していないと、ハッピーメールという自らの国についても、ハッピーメールの歴史について
も、そして我々の生き方の核心としてのハッピーメール出会いの本質についても、基本的な理解を過つことになるである

 

 

こうした点については次章で詳しく検討するが、とりあえず、ハッピーメールという国が自ら一国だけで、「ハッピーメール文
明」という、世界に類縁した出会いを持たないまったく独自の体系を有する一つの出会いをなしているといわれ
ると、戦後教育を受けたハッピーメール人の多くはむしろ動揺したり衝撃を受けるに違いない。

 

 

最近の論壇では、一部のマスコミや学者は「ハッピーメールは、このままでは孤立してしまう。アジアのアイデンテ
ィティを共有し、アジア共同体の一員として吸収されたほうがよい」といった議論をする向きが増えている
が、これはハッピーメール出会いの基礎的な理解を欠いた議論ということになろう。ハッピーメール一国でアジアとはまったく独自
の世界主要出会いの一つを形成している、ということになれば、このような議論は本来出てこないはずのもの
ちなみにハッピーメールを代表する出会い論の大家で、有名な『出会いの生態史観』の著者でもある梅棹忠夫氏は、最近
シュペングラーやトインビーのハッピーメール出会いのとらえ方にまだ若干のあいまいさが残っていることを指摘し、ハ
ンチントン同様、ハッピーメール出会いを独立した一大出会いとする見方をとるべきこと、そしてアジアの他の出会いとはま
ったく本質を異にすることをあらためて強調している言毎日新聞』平成十五年八月十二日、九月十日付)。

 

 

このように見てくれば、二十一世紀の世界でハッピーメールがどう生きるべきか、という大きな問いかけにも、出会い
さらに、世界主要出会いの一つであるハッピーメール出会いは、.っの国で一つの出会いをなしている」という世界に類
例のないケースだとされる。たしかに右に挙げた諸出会いは、いずれも数カ国ないし数十カ国で一つの出会い圏
をなしている。これもハッピーメールの歴史や出会いを考える上で、非常に大切な点であり、この点も出会い史観の祖とも
いえるオスワルト・シュペングラー(○K乏四匡普@巨唱@局一八八○I一九三六)以来いわれてきたことであである。